ページの先頭です 本文へスキップ

ホーム

ここから大分類です 大分類はここまでです
先頭へもどる ここからページ内容です
ここからページの本文です

新可燃ごみ処理施設整備事業について

 ごみ処理の広域化

 浅川清流環境組合では、日野市クリーンセンター可燃ごみ処理施設の建替えに伴い、環境負荷の低減、ごみゼロ社会の推進、資源循環型社会の構築、コストの削減から、日野市、国分寺市、小金井市の3市共同による可燃ごみ処理の広域化を進めています。なお、新施設の建設場所は、現在の日野市クリーンセンターの敷地内となります。

 

 ごみ処理広域化のメリット

 3市共同によるごみ処理の広域化によって、「環境負荷の低減」「エネルギーの有効活用」「コストの削減」といった、様々なメリットがあります。

 

 整備方針

 新可燃ごみ処理施設整備事業の整備方針は次のとおりです。

 

 事業主体

 浅川清流環境組合(東京都知事より設立許可を受け、平成27年7月1日より本事業の主体となりました。)

 

 施設概要
所在地

東京都日野市石田一丁目210番地の2

(現日野市クリーンセンター敷地内)

敷地面積 約1.1ヘクタール
処理能力

約228トン/日

(約114トン/日・炉×2基)

処理方式 全連続燃焼式(ストーカ炉)
主な建築物等 工場棟(高さ約34メートル)、煙突(高さ約85メートル)

 

 排ガス基準(規制値)(*1)
  自主規制値 法律(*2)
ばいじん(g/㎥N以下) 0.005 0.04
硫黄酸化物(ppm以下) 10 1590(*3)
窒素酸化物(ppm以下) 20 250
塩化水素(ppm以下) 10 430
ダイオキシン類(ng-TEQ/㎥N以下) 0.01 0.1
水銀(mg/㎥N以下) 0.05

*1:排ガス基準は全国でもトップクラスの厳しい基準を設定します。

*2:大気汚染防止法、ダイオキシン類対策特別措置法による規制値。

*3:硫黄酸化物の法規制値は煙突の高さ85mとして算出したもの。 

 

 

  今後の予定

 本事業の今後の予定については次のとおりです。

  今後の予定.pdf [55KB pdfファイル] 

ここまでが本文です 先頭へもどる
ここからこのウェブサイトに関する情報です ここまでがウェブサイトに関する情報です このページに関する情報は以上です 先頭へもどる